QUESTION OF THE SALE不動産売却のよくある質問

Q01住宅ローンの残りがあっても、不動産売却はできるのでしょうか?
A
原則問題はありません。買い替えの場合は多くの方が現在の住宅ローンを完済前に買い換えられます。詳しくは不動産会社にご相談ください。
Q02住み替えの際、引越しとタイミングを合わせられるのでしょうか?
A
買い手の方との調整となります。購入希望者が見つかったら、希望する引越しのタイミングを考えて、あらかじめ伝えるようにすれば、スムーズに住み替えが可能です。
Q03売れなかった場合、費用はかかるのでしょうか?
A
買い手が見つからなかった場合、手数料等は掛かりませんが、媒介契約締結後に契約内容に反した形で売却を取り下げる場合、手数料がかかる場合があります。不動産会社との媒介契約時に契約書内容を確認してください。
Q04どうやって買い手を探すのですか?
A
不動産会社によって異なりますが、店舗やチラシ、インターネットなどを使ってプロモーションを行なって行きます。具体的な活動方法については、不動産会社にご確認ください。
Q05売却までどのくらい時間がかかるのですか?
A
一般的には、査定依頼から売買契約まで2~6ヶ月と言われています。売却金額が決定した際、不動産会社に目安の売却期間を確認してください。
Q06住みながら売却活動は行えますか?
A
はい、可能です。ただし、購入希望者が内覧する場合、部屋を片付けたり受け入れを行なうなどの対応が必要となります。
Q07査定金額の決め方は?
A
査定時には不動産そのものの情報に加え、近隣環境や建設予定など、様々な項目を調査した上で金額を算出します。この算出する方法も不動産会社によって異なるため、査定金額はそれぞれ異なります。 査定金額が高い安いだけでなく、その金額に至った理由を確認することが大切になります。
Q08査定金額が出るまでにどのくらい掛かりますか?
A
不動産会社によって異なりますが、通常1週間程度です。訪問査定時にいつ頃までに査定が可能か不動産会社にご確認ください。
Q09売却活動中は費用が発生しますか?
A
通常、不動産会社へ仲介手数料を支払うのは売買契約時となりますので、売却活動に関する費用は発生しません。ただし、契約書において違約金が発生する行為が定義されている場合など、例外的に費用が発生する場合もあります。詳しくは不動産会社にご確認ください。
Q10不動産会社を選定するポイントは?
A
査定に訪れた営業担当者の知識の豊富さや、提示金額、取扱実績などを加味して選定されることをおすすめします。適切な価格を出してくれ、親身に対応してくれる不動産会社を選びましょう。
Q11マンションの場合、階数によって査定価格は変わりますか?
A
マンションの場合、階数が高い方が金額も高くなる傾向にありますが、周辺環境によっても異なります。例えば視界を遮る建物が周りにないマンションであれば、高層階の方が価値が上がると考えられますが、高速道路や線路などが高い位置にあり、その真横に部屋がある場合などは、低層階の方が査定金額が上がる可能性があります。
Q12仲介手数料はいくらですか?
A
宅地建物取引業法により、不動産の購入・売却時の不動産会社の仲介手数料(媒介手数料)は下記が上限として定められています。
取引物件価格(税抜)が200万円以下 取引物件価格(税抜)×5%+消費税
取引物件価格(税抜)が200万円~400万円以下 取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
取引物件価格(税抜)が400万円超 取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税
Q13リフォームしてから売却した方が高く売れますか?
A
考え方はそれぞれですが、一般的に、築20年を超える物件の場合、リフォームした方が早く、高く売れるケースが多いと言われています。古いことを気にしない、自身でリフォームしたい方にとっては逆効果ですが、予算の問題で新築は買えない方や、新しい設備に魅力を感じる方には高く評価されます。
ただ、リフォーム箇所によっては投じた費用分を上乗せして回収できるかどうかはわかりませんので、不動産会社に相談されることをおすすめします。
Q14相続の場合、売却のタイミングは、相続前と相続後、どちらが良いですか?
A
相続後、3年以内に売却することをおすすめします。
「相続税の取得費加算の特例」という制度があり、これは、相続により取得した土地、建物などを、相続税の申告期限の翌日以後3年以内に譲渡した場合には、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算することができるというものです。つまり、納めた相続税を不動産を売った際の経費(取得費)として認めるという制度です。この制度により、相続後3年以内であれば、相続前より相続後に売却した方が税金がお得になります。
売却するタイミング、相続した不動産により税金が異なりますので、詳しくは不動産会社に相談すると良いでしょう。
Q15売れなかった場合、どうすれば良いですか?
A
希望価格で売れなかった場合、価格を下げて買い手を探すか、不動産会社によっては買取を行なってくれるところもあるため、相談してみると良いでしょう。