FLOW OF THE BUY不動産買取の流れ

STEP01買取業者に査定を依頼

一般的な「不動産仲介」では不動産会社に依頼して査定してもらった価格と、実際に売りに出す価格、結果的に売主と交渉して成立する売却価格が違うことが多くあります。これは不動産会社が査定した価格があくまでも市場の状況や過去の取引から出した価格になるため、結果的な売主との交渉では値引きなどがある可能性が高いからです。このため、仲介において査定された価格は不確定要素の多いと考えることができます。
一方で「不動産買取」は、買取業者自らがその不動産を買取るものになります。そのため、不動産買取業者に査定したもらった結果は「その会社が買取ることができる価格」という確実な金額になります。
この「その会社が買取ることができる価格」は企業によって様々です。買取業者は買取った不動産を転売したり、そこに建っている建物を取り壊して新しい建物を建てたりなど、様々用途があります。そのため、その用途や買いたい買主がいるかなどによって、大きく査定価格が変わる可能性があります。
このため、より多くの買取業者に依頼することで、より高額で買取ってもらえる業者を探しましょう。

STEP02実地調査を依頼

不動産を買取ってもらうには、正確な調査をしてもらわなければなりません。マンション・一戸建てに関わらず、必ず実地での調査をお勧めします。特に一戸建ての場合は目に見えない部分や、実際に見なければわからない地盤の基礎の部分、リフォーム歴など、具体的に見なければ正確に価格を提示することはとても難しいと考えられます。
「不動産仲介」の場合は、購入希望者がその物件を内覧することで、その価格が適正かどうかを判断する機会があります。しかし「不動産買取」の場合、その買取業者自体が内覧することで「その会社が買取ることができる価格」を提示することができるのです。
買取業者の中には、実地調査をせずに買取価格を提示する企業もいますが、より正確に見積ってもらうためには、必ず実地での調査をお勧めします。
複数の会社に「不動産買取」の査定を依頼する=複数の買取業者に実地調査を依頼すると考えておきましょう。

STEP03買取価格の提示

実地の調査が終了すると、買取価格が提示されます。先述したように、「不動産買取」は買取業者が直接その不動産を買取る価格になるため、この値段提示が最終的な売却金額になります。
値段に納得ができない場合は、交渉することも可能です。周辺地域の同様な不動産の取引価格などを不動産サイトから収集して、買取業者に提示することも一つの手だと考えられます。特にネットで調べる上でその不動産のあるエリアが人気エリアだった場合は少し高い買取価格を交渉することも可能です。

STEP04売買契約を結ぶ

価格や引き渡し条件などの打ち合わせをしたあと、売主・買取業者の双方が納得したうえで、売買の契約日を決定します。
契約当日は、売買契約書の読み合わせ、付帯設備の確認、物件状況等の確認、記名・押印、手付金を受け取る、といったことを行います。この時点で些細な不明点や質問もこの段階でなくし、円滑に不動産の売買が完了できるように心掛けましょう。

STEP05決済・引き渡し・引っ越し

売買契約を行ったあと、いよいよ引き渡しの準備を行います。抵当権抹消手続き、公共企業や管理会社への引越し手続き、引越しの準備等を行います。
決済日当日は、一般的に銀行で行われます。まず司法書士が本人確認や書類確認します。次に、売買代金の受領・各種清算金を受領します。最終的には鍵や関係書類を引き渡すことで、「売買完了確認書」を取り交わし不動産買取が終了します。